super appli

採用情報

あなたには感動を創造するアイデアがありますか?
Yes or No

大変申し訳ございません。
スーパーアプリでは感動を創造するアイデアがない人の採用はいたしておりません。 私たちの仕事はゲームをつくっているだけではありません。ゲームという機会を通じて、人々が思いやりや勇気、知恵や知識、そして自分と他人への認識を新たにする強烈な体験を提供する社会にとってとても重要な仕事です。
私たちがやらなければ、他の誰かがそれをやってしまいます。そこに容赦はありません。その為、入社してからアイデアを考えるのでは遅すぎるのです。

株式会社スーパーアプリ代表取締役 飯沼正樹

もう一度お聞きします。
あなたはアイデア作りの為に、あなた自身の行動を変える事が可能ですか?

Yes or No

SUPER !! 感動創造チームへの第一歩です。
応募

スーパーアプリのイノベーション女子座談会スーパーアプリのイノベーション女子座談会

ENTRY

イノベーション女子

スーパーアプリではたくさんの女性社員が活躍しています。
彼女たちの趣味やこだわりがどう仕事に活かされているか本音を語り合います。

  • K.KさんK.Kさん(入社2年目)
  • S.YさんS.Yさん(入社2年目)
  • T.AさんT.Aさん(入社2年目)
  • N.MさんN.Mさん(入社1年6ヶ月目)
  • Y.FさんY.Fさん(入社1年目)
  • A.NさんA.Nさん(入社1ヶ月目)

スーパーアプリ(以下SA)に入社してどのような社風と感じましたか?

S.Y:
前職は、WEBデザイナーで様々なサイトを制作する事で学んだ事は多かったです。 SAでは、技術的なスキルアップよりも立場が変わって、任せてもらえる仕事の範囲が大きくなりました。それにベンチャー企業なので自分の想いや、やりたい事を実現できる会社だと感じます。仕事だけじゃなく人間力、リーダーシップなどのスキルアップができますね。

モチベーションもあがりますね。

S.Y:
そうです。今まではクライアントさんとディレクターさんが決めた事に対して指示を貰って進めるだけでしたが、SAでは、デザイナーとしての仕事だけではなく、企画に対する提案もこちらから出来るところがいいですね。
座談会

K.Kさんはいかがですか?

K.K:
SAとは以前、フリーランスで外注として関わっていました。
元々WEBデザイナーでしたが、社長に「絵を描いてみない?」と誘われたのがきっかけです。はじめは、自信もなかったですが、ゲームが完成した時に面白いと思えました。
SAは、みんな和気藹々でやりやすいですし、意見も聞いてもらえます。

皆さん仲良さそうですよね

K.K:
入社したての人でも、その日に仲良くなって一緒にランチに行くくらいカジュアルです(笑)。とても馴染みやすい雰囲気があります。
Y.F:
入社してちょうど一年です。
一同:
えー、もっと長いと思ってました!
Y.F:
マーケティングで主に分析や案件の調査をしてます。
前職も分析をする仕事をしていましたが、調査は、数字や結果だけ見ていても上手く調査としてまとめ辛いので、現場のデザイナーさん達から話を聞けるこの職場は、生きた調査をする事が出来るのでとても良い環境です。とても温かい職場環境ですね。
K.K:
SAでは、様々なイベントで女性が一緒に参加する事も多いので、仲良くなりやすいかもしれないですね。
S.Y:
女子は好きですもんね
K.K:
みんなお祭りごとが好きだよね
一同:
そうそう(笑)
N.M:
SAに入る前は、フリーランスでイラストレーターとして働いていました。
外注として仕事を請けていた経験が、現在は逆の立場で外注さんに仕事を依頼する際に活かされています。前は一人で仕事をする環境でしたが、今はチームとして各分野の人間が集まって一つのものを作り上げる喜びがありますね。
デザイナー、イラストレーターとしては、アルバイトからのスタートになる事が多いですが、SAは、自分の気持ちや、やる気次第で大きな仕事でも、任せてもらえる環境だと感じます。もちろん技術がないとダメですけど。
K.K:
バイトでも向上心があれば周りが引き上げようと思ってくれる環境ですね。
アルバイト→ 契約社員→ 正社員とステップアップできるので目標が明確になるし、それを目指す事で、目標達成が可能な会社ですね。
みんな仲が良すぎてライバル意識が薄くなりがちですが、実はひっそりとメラメラ燃える想いをもっています(笑)。
座談会
一同:
そうだよね~、その気持ちは大事!
K.K:
男性に対しても遠慮せず意見できますしね。
S.Y:
遠慮はまったくないね。
N.M:
なさすぎなくらい(笑)。

技術スキルがあれば男女の差は関係ないですね。

一同:
うんうん。
A.N:
管理部で事務業務をしています。派遣で1月に入って7月に正社員になりました。
もともと奈良で働いていて、ボーイフレンドに付いて名古屋に来ました。
一同:
おおぉ~(笑)
A.N:
奈良では、300年の歴史ある老舗のお店だったので、今回は、逆に新しい会社で働いてみたいなと思い、応募しました。
会社のサイトを見ると女性も多いし、仲良さそうな雰囲気だと感じていましたが、その通りでした。
現在は、給与計算、勤怠管理などの事務職、新たに、人事で面接などもおこなっています。
K.K:
デザイナーの面接だと、私たち技術職の人間も立ち会ってやっています。
A.N:
クリエイティブな質問はお任せしてます(笑)。私はまだまだ趣味などありきたりな質問しか出来ていないので、改善していきたいですね。今は、場の雰囲気を和ませてフランクに会話が出来るように心掛けています。
T.A:
Flashのデザイナーです。バイトから含め3年、正社員として2年です。
専門学校時代に、K.Kさんの生徒でした。卒業後は、静岡の実家に戻り働いていましたが、辞めようと思っていたところにK.Kさんから誘われSAに入社しました。
K.K:
学生の頃から、学科の中で1,2番と思っていたので誘いました。
座談会
T.A:
あらぁ~
一同:
(笑)
K.K:
見た目から軽いと思われがちですが、芯がしっかりしてまじめですね。
T.A:
私、働く上での優先順位で、服や髪型、髪の色が制限されるのが嫌なのです。髪の色を変えても受け入れてくれる会社に行きたいと思っていました。ですので、面接の時、赤い髪で望みました。SAでは、社長も気さくに「髪の色変えたね」と声掛けてくれる会社だったので良かったですね。
K.K:
見た目ではなく、仕事をきちんと評価してもらえるのはモチベーションもあがるよね。
一同:
そうですね。

仕事で得られる感動や、仕事におけるこだわりは?

K.K:
デザイナー誰しも思っていると思いますが、苦労した上でリリースされたものが、お客様に喜んでもらえた時は感動します。
T.A:
私もすごく苦労した経験があって、広告を出すときに、当時まだフィーチャーフォン(ガラケー)だった時には、30KBで作らなくてはいけなくて大変でした。少しずつデータを削っていく作業をして、こうやってゲームは作られていたんだと、感心したというか驚きましたね。今のスマホでは体験できない良い経験です。
S.Y:
私、ゲームは全然やらなかったのでゲームをするお客様の気持ちがち分からなかったです。入社後初めてゲームアプリをしたくらい。ゲームをやる人が、どんなところに感動しているのか分からなかったし、作る側のゲームバランスへのこだわりや、イベントの狙いなども正直分かりませんでした。WEBデザインとの違いもあり苦労しましたが、自分の手掛けた仕事にプライドがあるし、きちんと伝えられるようにしなくてはいけないと、努力しました。
K.K:
WEBの仕事はあまりグラフィカルではないんだよね
S.Y:
そう!ロジカル。
K.K:
ロジカルなデザインだからゲームのテイストとちょっと違うよね。最初S.Yさんにバナーをお願いした時に仕上がってきたのはすごくシンプルなデザインだったのね。その時、もっとゲームっぽくした方が良いと伝えたんだけど、私自身、WEBからゲームの仕事をし始めたときにそこで壁にぶつかったところだったから心配してたんだよね。でもS.Yさんは、自分で調べて沢山のバナーを参考にしてたよね。
S.Y:
どういうものが求められているか、分からなかったので。
K.K:
それで、きちんと『ゲームらしいバナー』に仕上がってきたので「おぉ!やるね!」と思いましたね。すごいこだわりも感じました。
座談会
S.Y:
デザインも運用の中でルーティンワークになりがちで、こだわりよりも、言われたものを作る作業になりやすいから気をつけています。
K.K:
アウトプットしたものを見てもらって、評価してもらえると感動しますね。
N.Mさんも、武器のデザインをしていた時、凄くよかったけど、どこか違和感を感じる所があって、ちょっとのアドバイスでガラッと良くなったりするから凄いなと思いますね。
N.M:
自社アプリのキャラデザインが、他にはないテイストだったりするので、「コレがこのアプリのテイストだよねっ」ていう作品だと、イラストレーターとしては、自分のテイストを殺して、合わせる必要がありますよね。そこが逆に私の中でのこだわりになっています。
ゲームにあわせた質感や重量感にもこだわっています。
K.K:
Y.Fさんのデータ分析でのこだわりってありますか?
Y.F:
分析の際にアンケートを作って、回答貰ってもそのままになっていたりする事が多いんです。アンケートは継続してやったら、その良さがもっと活かせる、以前との比較をする事でのメリットを考えてバラバラに分析するのではなく、揃えるようにしています。
K.K:
私はデータとか分析が一番苦手なので、Y.Fさんのようなプロフェッショナルな人が来てくれてすごく嬉しい。
Y.F:
分析を数字だけで考えると、様々な仮説が出来てしまうんですけど、それは実際とは合わないです。皆さんが実際に感じるものが本当は合っていて、それに合わせるようにデータを持ってくるのが正しいですね。
K.K:
データと感覚を合わせる事が大事ですね。面白いです。

女性はプライベートが充実してこそ仕事も頑張ることができると思います。皆様の私生活の中で仕事に活かしている事を教えてください。

座談会
S.Y:
私は質の高い仕事をするには、自分の時間をより大切にしたいと思っています。
K.K:
確かに。自分の時間が充実していると、仕事に真剣に向き合うことできて、時間を有効に使うことができるよね。
S.Y:
そうですね。自分の時間をきっちり作るために、私は仕事を可視化してスケジュール管理をしっかりやっていますね。
N.M:
私は趣味がこう見えて釣りなのですが、普段と全く違った環境でインスピレーションを受けて、新たな作品へのアイデアが浮かぶ時があります。
そういった環境作りからはじめることで自分を養っています。
A.N:
私もそうです。本場のヒップホップが大好きで追っかけをしたり、歌詞の意味を調べたり、見た目は怖そうな人でも接してみると、そうではなく、人は見た目では無いなと感じることが多くあります。面接する際に、固定観念を持たず人を見る、ということに役立っています。
Y.F:
ユーザーの声が大切だと思うので、友人との交流を積極的にして、日常会話の中から感じる事や具体的に当社作品についての感想等を聞き、生の声として情報をとらえた上で結果を出すように心掛けています。
K.K:
私は最近、社長の影響やスーパーサイクルの事業化もあって、サイクリングをはじめました。人は「もうここが限界」ってところを自己判断しがちですが、それを乗り越えて達成感を味わった事があると、困難も乗り越えられる力がつくと思いました。
T.A:
一般的に就職をするにあたり、やっぱりハデな見た目はNGで、個性を殺さなくてはいけないのかもしれません。しかし、私は「自分らしさ」という意味で絶対に個性を殺したく無かったです。SAは社長をはじめとして、個性を活かしてくれる会社です。
自分を殺さず大好きなファッションや映画などを追及することで、仕事に感動を取り入れていると思います。

Innovation

N.Mさん

N.Mさん

空間作り × クリティカルシンキング = 世界観 Innovation

釣りやガーデニングが趣味で、それらは自分の心を癒す為の習慣だそうです。N.Mさんは趣味が無い「仕事人間」を目指していません。
なぜなら、イラストレーターとして新しいデザインを発想するために、絶えずインスピレーションを受ける空間に自分を置くことを大切にしているからです。だからその空間づくりにも強いこだわりを持っています。
インスピレーションを受け、デザインした作品には強い愛情が生まれるため理性的な判断が難しくなります。その際、意識している事は、クリティカルシンキング(批判的思考)と、顧客目線で作品を見直すこと。
空間づくりを通して生まれる新しいアイデアと、批判的思考を掛ける(×)ことで、新たな世界観を持った作品作りに取り組んでいます。それが彼女のイノベーションです。

T.Aさん

T.Aさん

信念 × 制限 = 感動 Innovation

T.Aさんが、実際にSAに入社し感じた事は、「ここまでやるの!」という圧倒的な追究、探求心でした。彼女はそれを受けて、自分の信念として仕事に従事しています。
その中に制限(例、容量など)もあり、実現不可能と思えることも多々ありますが、一つずつ問題を解決することで可能に変えていくことを経験しました。
彼女が就活中の時、感じたことは個性を殺さなければいけないことが当たり前ということでした。それに対して、SAは個性を生かす会社です。
「その髪の色いいね!新しいね!」と社長に個性を褒められたこともあります。
自分の個性を伸ばすからこそ、ものごとの本質が見えてきます。
例えば、映画を見る際も、感動ポイントを意識しながら観ており、気になるシーンは何度も見直すそうです。監督によって表現方法は多種多様です。それぞれの個性ある表現方法を大切にするからこそ、感動的な作品が生まれています。
「ここまでやるの?」というくらい追究する信念に、制限を掛ける(×)ことによって、より創造的になれることで、研ぎ澄まされたアイデアが湧いてきて、それが彼女の作品に反映されています。それが彼女の感動イノベーションです。

S.Yさん

S.Yさん

自由 ÷ 時間 = 効率化 Innovation

前職はウェブ制作会社に勤めていましたS.Yさん。納期が厳しく管理されていたため、無理な働き方をする必要があり、体調管理が大変だったそうです。働き方を変えたい想いがあり転職を決意。
SAは自由に発想や発言できる企業文化があり、人間力を磨ける会社です。ただし、自由ばかりが良いことではありません。自由を時間という制限で割る(÷)ことで、より集中できるため、圧倒的な効率化というイノベーションが生まれます。それが、現在の質の高い仕事につながっています。

A.Nさん

A.Nさん

意外性 × ヒップホップ = 面接力 Innovation

人には第一印象(イメージ)があります。それは本来の姿ではありません。
奈良県出身で、300年間続いている伝統企業で働いてきたA.Nさんですが、実はボーイフレンドを追いかけ名古屋へ来たそうです。
見た目では判断できないくらいの行動力があり、意外と思われることが多いそうです。
趣味は、あるキッカケから生まれたヒップホップアーティストの追っかけと、そこから生まれる交流。その交流から学んだことは、人は外見で判断してはいけないという本質。
彼女の清楚な外見からはイメージできない行動力と、ヒップホップで養った経験や視野を面接で活かすことができています。
意外性とヒップホップを掛ける(×)ことで、人を外見で判断せず、本質を引き出す質問をする面接力イノベーションにつながっています。

K.Kさん

K.Kさん

限界² + サポート = マネジメント Innovation

K.Kさんが最近ハマっていることはサイクリングだそうです。
サイクリングは平地、上り坂、下り坂などがあり、人生に似ています。
特に連続する上り坂は苦しく、自分への挑戦です、社長とある山岳地域をサイクリングした時、連続する上り坂で彼女の限界が来ました。その時、社長が横に並び、軽く背中を押しました。ほんのわずかなサポートで、自転車が劇的に前に進み、こんな些細な手助けで、これほど前に進むのかと感動したそうです。
マネジメントも同じです。少しだけサポートすることによって、自分の力で再び前に進むことができ、それを乗り越えた時に、坂を上り切った時の様な達成感と自信が生まれます。
この経験が彼女の学びになりました。それは、単純に"仲間を助ける"ことではなく、"仲間を助ける加減"でした。それぞれの個性や能力は異なります。個々の資質を見極める事で業務における個人の力を最大に引き出すマネジメントにも大いに役立っています。

"自分の力では越えられないほどの高い限界"(限界2)に、ほんの少しのサポートを加える(+)ことによって、自信を与えることが出来る、それが彼女のマネジメントイノベーション。

Y.Fさん

Y.Fさん

(データ分析×直感)× 触媒 = 革新的アイデア Innovation

言い換えると、" 秩序 × カオス〈混沌〉 "の同居。
「データじゃない」という意見も「データが全て」という意見もちょっと違います。
データ分析を行えば正解が生まれるわけではありません。
データにできないものは形としてとらえて再現したり、応用展開することができません。
大切なことは、人の目を通した情報や体験(直感や感覚)を理解したうえで、データ分析結果を取り入れ、仮説を導き出すことです。両方を活用しないと新しいコンセプトは生まれません。この事は、Y.Fさんが東京のシンクタンクや様々な事業会社で働いて学んだ最も重要な事の一つです。
データという結果に、直感から生まれる定性分析を掛け合わせ(×)、"触媒"を合わせた化学反応を興すことで、真の革新的アイデアイノベーションが生まれるという信念を持ち働いています。

  • facebook
  • twitter
  • youtube