super appli

採用情報

あなたには感動を創造するアイデアがありますか?
Yes or No

大変申し訳ございません。
スーパーアプリでは感動を創造するアイデアがない人の採用はいたしておりません。 私たちの仕事はゲームをつくっているだけではありません。ゲームという機会を通じて、人々が思いやりや勇気、知恵や知識、そして自分と他人への認識を新たにする強烈な体験を提供する社会にとってとても重要な仕事です。
私たちがやらなければ、他の誰かがそれをやってしまいます。そこに容赦はありません。その為、入社してからアイデアを考えるのでは遅すぎるのです。

株式会社スーパーアプリ代表取締役 飯沼正樹

もう一度お聞きします。
あなたはアイデア作りの為に、あなた自身の行動を変える事が可能ですか?

Yes or No

SUPER !! 感動創造チームへの第一歩です。
応募

働く環境・教育制度

ENTRY

自己成長する環境がある。その一つがユニークな研修自己成長する環境がある。その一つがユニークな研修

スーパーアプリでは「突き抜けている人」や、「自己成長意欲が強い人」が
より成長出来る環境を提供する事に力を入れています。その一つが研修です。
受け身型の研修ではなく、参加型のものが中心です。
グローバルなIT企業や教育機関(大学、大学院)で取り入れられている最先端の研修を参考に、
よりスーパーアプリの理念や個人、チームの強みを伸ばす工夫を行い、導入しています。
受け身ではなく、前向きで積極的な人には成長できる環境とチャンスがあります。

これまでの研修例

Training01「レゴブロックを使った研修」レゴシリアスプレイ

イメージ画像

レゴブロックを使った研修です。

スーパーアプリは感動創造企業です。感動を創造するために大切なことはアイデアの数です。レゴシリアスプレイ研修は、レゴブロックを使用し、頭の中にある アイデアを具体的なカタチに表す能力を高める研修です。「フワッ」としたアイデアをカタチにする過程で(つまり手を動かす事で)意図せぬ方向にアイデアを膨らませることができるのが特徴です。研修の中では、「あっ、そうか!」の瞬間に遭遇し、それまで見えていなかった環境(例;競合、つながり、機会)が見えるようになり、これまでと違った視野でコンセプト開発を行うスキルが身に付きます。

イメージ画像

海外の先端企業でも採用

また、レゴシリアスプレイは、スーパーアプリが重要視しているチームビルディングにも役立てています。個人が作ったレゴブロック作品を組み合わせて、一つの統合した作品(ビジネスモデル)を作り、さらにそこに追加のアイデアを加えます。一般的にある、アイデアの消去法で一つの作品(ビジネスモデル)を作るのではなく、必ず仲間が作ったレゴ作品を加えて一つの作品(ビジネスモデル)を作ります。そのため、仲間の良いところを積極的に取り入れ、そこに自分のアイデアを上乗せし、ストーリーを作り上げます。正に、プロトタイプをつくる感覚に近いと思います。

このレゴブロックを使った研修は、海外の先端企業でも採用されています。
例えば、NASA(アメリカ航空宇宙局.)では、二度のスペースシャトルの事故を受けて、安全対策チームを組織しました。その際、レゴ・シリアスプレイ™に活路を求め、メンバー間の効果的、かつ、意味のある意見の提案や議論を行う環境、チームとしての一体感を強化しました。

Training02「プロトタイプ研修」デザイン思考研修

大きな社会的インパクトを与えている研修

社会を良くするイノベーションの為のアプローチ法として現在注目を浴びています。
AppleやGoogleの本拠地シリコンバレーを生み育てた、アメリカ西海岸屈指の名門校スタンフォード大学の学内機関「d.School」が開発したメソッドで、IDEO社のデビッドケリーが最初に使い始め、数々のヒットプロダクトを生み出しました。現在、大きな社会的インパクトを与えている思考法です。私たちスーパーアプリは世界を目指しているので、この思考法研修を導入しました。

イメージ画像

課題解決をクリエイティブな取り組みで

デザイン思考とはデザインする事ではありません。デザイン的なプロセスを用いて、課題解決をクリエイティブな取り組みで解決しようとする考え方で進める研修です。
「つくること」と「語ること」を並行し、相互に反映させていきます。
デザイン思考の良い点は、

  • スタッフ全員が過程に参加できる。
  • どの様な部門・役職においても活用できる。
  • どの様なビジネスにも活用できる。

です。

デザイン=新しい機会を探すための問題解決プロセス と言えます。
これまでと異なるプロセスで取り組む事で、これまで考えつかなかった新しい機会が見えてきます。これがデザイン思考研修の魅力です。
デザイン思考の中のプロトタイプ研修では、アイデア段階のレベルでプロトタイプ化し、早い段階でテストする、アイデア開発のスピードを速めるトレーニングです。
自分のアイデアを、文章や企画書ではなく、「簡単な試作品」をつくり、実際に使えるか、期待した効果は得られるかなど、アイデアの潜在的な可能性を試します。
アイデアが試作品というカタチを持つことで、他の人がアイデアを検討しやすくなり、アイデアの交換や改良がよりスムーズに進みます。
通常現場でも、プロトタイプ(試作品)がつくられる場合はありますが、それが登場するのは後半の具体化フェーズです。そのため、プロトタイプから得られる学びや気付きを製品の抽象面に反映する余地はあまりありません。私たちスーパーアプリはこの課題に取り組むために、なるべく上流の、抽象レベルの高い時点でスピーディにプロトタイプをつくり、その結果をコンセプトづくりにも反映させるためのトレーニングが大切だと考えこの研修を実施しました。

イメージ画像

とにかくアイデア発想の幅が広がる

参加者からは「自分とは全く異なる角度から課題分析を行っているメンバーを知ることが出来、なるほど、そういう発想もあるんだっ"と視点の違いを学ぶことが出来た。一人で考えていては、とても思いつかない試作品が生まれた瞬間、感動した。さらに、そこを起点にしてアイデアを拡げる事が出来たし、プロトタイプ化しないと発想は生まれないと感じた。とにかく、アイデアの発想の幅が広がった」という感想がありました。

このデザイン思考の考え方は、数年前のNHK白熱教室(スタンフォード大)でも数週間にわたり放送されました。

END

顧客志向研修
顧客の声の振分~分析、ペルソナマーケティング、サービスの具体化までを徹底して考え、感動の損益分岐点※を越えていくための研修です。顧客志向はスーパーアプリが最も大切にしている姿勢です。
※感動の損益分岐点はスーパーアプリのクレドで定義付けされている基軸です。
ビジネス研修
大手コンサルタント会社のセミナーを利用した教育カリキュラムです。
ビジネスマナー、ビジネスライティング、ロジカルシンキング、タイムマネジメント、マーケティング、経営戦略、他を学ぶことが出来ます。
Five Stars研修
(予定:マネージャー向け)
スーパーアプリの管理職になるために必要な研修であり資格です。名前のとおり5つの領域を理解し、使いこなせる事が必要になります。
  • facebook
  • twitter
  • youtube